乳がん検診 エコー 再検査

乳がん検診のエコー再検査って?

スポンサーリンク

乳がん検診のエコーで異常が診られて、再検査の通知が来た場合、皆さん少なからず動揺はするようです。しかし、こわがらずに精密検査を受けて安心することが大切です。エコー検査で引っかかるという事は乳癌の可能性が必ずしも高いという事ではありません。エコー検診で「要精査」となる基準は、のう胞以外のあらゆる所見が対象となります。検診の場では、乳癌が疑わしいかどうかの判断はできません。しかし、腫瘤の良し悪しはエコー検査で大体の判断が可能ではあります。確かに、超音波(エコー)の検査では、良性所見と悪性所見の区別まで出来ない事はありません。しかし、検診と病院での精密検査では意味が違います。検診では医師ではなく技師さんが超音波検査をしていますので、技師さんはその所見を確認するだけなので、あくまでも所見があるかどうかが判断基準であり、癌が疑わしいか、どうかの判断は医師に委ねられます。
実際に医師が診療して診ると、エコー検診で要精査となっているものの大部分は乳がんではなく、線維腺腫や乳腺症である場合が殆どです。
スポンサーリンク

エコー検診では良性、悪性の判断はおおよそつくのですが、検診では所見がある場合には、例え良性の可能性が高いとわかっていても必ず要精査としなくてはならないのです。では、エコー検査とはどう言うものなのでしょうか?エコー検査は、画像検査方法のひとつで、診察台に横になった状態で乳房にジェルを塗り、プローブを皮膚にあて、超音波の反響によって乳房の中の構造を映像化し、その場でモニターに表示することができるものです。
エコー検査のメリットとしては、放射線を浴びなくてすみますし、身体への負担も軽く痛みもありません。妊娠中の女性でも安心して受けることができます。しこりを作るタイプの乳がんに対しては、手では感じ取れない極めて小さいしこりまでも見つけることができます。
デメリットとしては、マンモグラフィのように小さな石灰化までは診れませんし、検査結果が、エコー機器の性能や医師・技師の技量に左右される事も問題です。また、乳がん検診としてエコー(超音波)検査を行う事による、乳がんの死亡率の低下がまだ証明されてませんが、近いうちの判明するはずです。
スポンサーリンク