乳がん しこり 硬さ

しこりの硬さで乳がんが分るの?

スポンサーリンク

我が国において、女性のがんとしては、子宮がんの死亡率は年々減少の傾向にありますが、、最近の乳がんの発生率、死亡率は反対に増加の傾向にあり、女性のがん死亡率では第1位となっています。日本国内において乳がんになる方は、毎年約3万5千人にも上っており、ほぼ30人に1人の女性が乳がんにかかっている確率になります。新しい推計ですが、10人に1人が乳がんを発症すると言う事になります。、欧米では7〜8人に1人と言う数値ですから、日本も欧米の数値に近い数字になっています。これは乳がんに毎日約100人ずつがなっている計算になります。しかも乳がんの発見が遅れたため亡くなった方は約30%の1万人もおり、1時間に1人の女性が乳がんで亡くなっていることになります。しかし、乳房は他の内臓と比べ自分で検診できるという大きな利点もありますので、自己検診を定期的に行って、自分の普段の乳房をよく把握しておいて、できるだけ早期にしこりや変化を見つけ、乳房温存治療が可能になるように、年1回の定期検診を欠かさないようにして、乳がん死を予防しましよう。
スポンサーリンク

乳がんのしこりには、硬い感じがする、表面がデコボコして形が整っていない、隣接する細胞との境目がはっきりしないといった特徴があります。生理の周期によって大きさや硬さが変わッたりするしこりは、乳がんと無関係である場合が多いと言われています。自己検診を行う際には、指でつまんだり、指先だけで触ったりするのではなく、指の腹で触るのがコツです。触診で乳がんの可能性のあるしこりを発見することは、ある程度ならば可能だと考えられますが、触診だけで「良性か、悪性か」の判断をする事は出来ません。最終的な判断は病理検査をする事でのみで分るのです。ですので先ほど述べた乳がんのしこりの特徴と一致しないからと言って、がんでは無いと自分で判断してはいけません。逆に乳がんのしこりの特徴に似ていると気落ちせずに、少しでも異変があれば医療機関の受診を少しでも早く受けるようにして下さい。早期発見、早期治療こそ乳がんに限らず他の病気にも通じる早く回復するための最善の方法です。
スポンサーリンク