乳がん 温存手術 メリット デメリット

乳がんの温存手術とは?メリットとデメリットについて

スポンサーリンク

がんと言うのはその細胞を取り除く事によって治療する事が出来ます。
乳がんの場合は、外科的な手術が行わる場合があり、その場合は全部摘出する場合と一部摘出する場合があります。
一部摘出する方法の事を温存手術といいます。
この場合は、乳頭、乳輪を残した状態でガンを部分的に切除する事によって、乳房の変形を最小限に抑える事が出来る手術方法となっています。
以前の日本では全部摘出する方法が多く取られていましたが、現在では乳がん手術を受ける人の約3分の2は温存手術を受けるようになっています。
実際にはメリットとデメリットを良く理解し、さらに自分自身の患部の状態に合わせて手術法を選ぶ事になります。

 

実際に温存手術を行う場合は、最も大きなメリットと言えばやはり乳房を残す事が出来るという事です。
またその時に選んだ方法によっては肩の運動障害が軽度で済む、術後のりばびりてーションが短期間で済むというメリットもあります。
回復のスピードが速いというのも、この手術方法の大きな特徴です。
実際に温存手術を行った場合は全摘出に比べるとはるかに傷口が小さくて済むので、術後の経過も良く、さらに回復も早くなっています。
腕の筋肉を付ける運動等をする必要は勿論ありますが、全摘出に比べると術後も腕が動かしやすいというメリットもあります。
スポンサーリンク

しかし、メリットもあればデメリットもあります。
まず一つは、乳房を残す事は出来ますが決して元の形のままになるという訳ではなく、結果的に形を整える必要が出てくるという事です。
そのため、対応した医師の技術によっては仕上がりが大きく左右される可能性もあります。
また切除した場合は腕のむくみが生じたりする事も有ります。
勿論温存する事によって乳房を残す事は出来ますが、その手術の時にもし患部が多く取り残されたという事が明らかになった場合は、再切除の為の手術が必要となります。
勿論この場合は今までと同じ方法でアプローチする事が出来る場合もありますが、患部の状態によっては全摘出と言う事にもなりかねません。

 

勿論、温存手術と言うのは全員に適用される物ではなく、利用できる人もいれば利用できない人もいます。
ただ現在では医療技術も進んでおり、従来の手術法に比べるとはるかに傷口も小さくなっています。
また手術法も一つではなく、その状態に合わせて何種類もアプローチする方法があります。
また術後の治療としてはホルモン療法や化学療法を行う事によってより手術の効果を高める事になります。
スポンサーリンク