乳がん 膿が出る

乳がんで膿が出る場合の症状とは?

スポンサーリンク

乳がんになった場合、様々な症状が出るとされていますが膿が出る場合の症状としてはどんな状態なのでしょうか。

 

乳がんの発症率は非常に高く、早期発見で治るものもあればなかなか治らずにどんどん進行してしまうものまで様々です。
しかし、あらかじめ対処法を知っておくことで慌てずにしっかりと対応することができますのでこの機会に把握しておくことをおすすめします。

 

そこで、乳がんで膿が出た場合の症状と治療法について考えてみましょう。
女性の場合、赤ちゃんに授乳をすることで乳首から分泌液が出たり痛みを伴うことがあるのは多いとされていますが、それが授乳期とは関係ない場合には少し注意が必要と言えます。

 

乳がんの場合、がんが進んで乳房内の乳管や腺小葉にまで浸潤してくるようになると、乳首から分泌液が出ることがあるからです。
白いミルクのような状態であれば健康な体の人でも出ることがあるので問題はないとされています。

 

それが血液が混じっているような茶褐色の分泌液、つまり血液性乳汁の場合には要注意と言えますのでその場合には直ちに医療機関で検査を受けることをおすすめします。
治療法としては、がん療法には三大療法と呼ばれるものがあり代表的なものが外科療法、放射線療法、化学療法と呼ばれるものです。
スポンサーリンク

外科療法は物理的にがんが出ている部位を切除して取り除く治療で、放射線療法は病巣部位にX線などを放射してがん細胞を死滅させる方法、そして蚊が両方は抗がん剤の投与によって薬物によってがん細胞死滅させていく方法です。

 

それ以外にも凍結療法やレーザー療法、温熱療法やホルモン療法など様々な治療法が存在しますが、症状の出方たがんの進行度合いなどを見合わせて様々な療法が検討されるもののまずは三大療法を始めていくのが一般的だとされています。

 

また、近年では基本の三大療法に加えて第四の療法である免疫療法が行われることもあるとされています。
免疫療法は、人間が本来持っている免疫力を増強してがん細胞と戦うといった方法で、三大療法と比べて比較的副作用が少ないことから患者自身の体への負担が少ないために注目を集めています。

 

膿が出ている場合、普段の生活をしていても乳首から膿が流れて出てしまい服を汚してしまうことがありますのでその場合には生理用ナプキンなどをブラジャーなどに張り付けて汚れないように工夫するのが良いと言えるしょう。

 

膿が出ているからと言ってそれがどこまで進行しているのかというのは検査をしないことにはわからない場合もありますので、そのまま放置せずに早めに医療機関に足を運んでみることをおすすめします。
スポンサーリンク