乳がん 骨転移 症状 治療

乳がんの骨転移の症状と治療について

スポンサーリンク

最近では乳がんになる女性が増えてきており、女性におけるがんで一番多いものとなりました。
一般人だけでなく、多くの有名人や著名人なども罹患しており、亡くなる人も毎年出ています。
そのため、最近では世界中でキャンペーンが行われており、罹患する人や亡くなる人を少しでも減らそうと努力しています。
普段の生活においても、がんにならない生活習慣を意識することや、こまめなセルフチェックなどを行うことが大切です。
また、乳がんについて知っておくべき知識などの情報を得ることも重要です。
乳がんはその名の通り、乳房やその周辺にできる腫瘍のことです。
治療方法としては、外科手術・化学(薬剤)療法・放射線療法の、いわゆる三大がん治療をはじめ、重粒子線療法や電子線療法などが挙げられます。
がんのステージが1〜2までの比較的早期の場合は、外科手術によって腫瘍を取り除き、残ったものを他の治療によって消していきます。
しかし、それ以上進行してステージが3〜4になってくると、外科手術で腫瘍を取り除くことは困難になってきます。
特にステージ4になると全身に転移し、特に乳がんは、血液やリンパの流れによって骨へと転移することが非常に多いがんなので、体幹付近の骨盤や股関節などの骨へと転移します。
この場合、骨にあっても「骨のがん」ではなく、あくまで乳がんですので、乳がんとしての治療を行います。
乳がんの手術をしてから10年以上経っている場合でも骨転移が診られることがあります。
転移の多い部位は、腰椎・胸椎・頚椎といった椎骨(背骨)や、骨盤・肋骨・頭蓋骨・上腕骨・大腿骨などです。
スポンサーリンク

骨転移をしているかどうかは比較的簡単に見つけることが出来ますが、そもそも転移する前に早期発見することが非常に重要です。
早期発見のために一番大切なのは、定期検診を受けることです。
それも、一年に一度ではなく、できれば半年に一度くらい、マンモグラフィーやエコー検査などを受けることが望ましいです。
さらに、乳がんは臓器などにできるがんと異なり、触診でしこりなどをセルフチェックすることができるので、入浴中などに行うと効果的です。
また、骨転移の有無におけるセルフチェックとしては、腰や股関節に激しい痛みが起こっていると、転移している可能性が高くなります。
可能な限り早期発見のための努力を行い、最低でもステージ2程度で発見できるようにしましょう。
最近では国や地方自治体などによって、無料でマンモグラフィーやエコー検査を受けられる機会が増えてきました。
それでも患者は増える一方なので、もっと高い意識を持つ必要があるといえます。
マンモグラフィーは痛いという印象が強いですが、最近は医療技術が発達し、従来の方法ではなくなりつつあります。
そのため、より安心して検査を受けることが出来るでしょう。
スポンサーリンク