乳がん検診 石灰化 カテゴリー3

乳がんの検診で石灰化、カテゴリー3と言われたんですが?

スポンサーリンク

石灰化というのは、体内の特定の部分に、カルシウムが沈着したものを言います。石灰化には良性のものと石灰化と悪性のものがあり、良性の石灰化が悪性に変異することはありません。ただ、初期の悪性の石灰化は良性の石灰化と区別がつかないことはあります。良性と判断できる石灰化には、動脈硬化、嚢胞の石灰化、古い線維腺腫の石灰化などがあります。難しいのは、良性か悪性化の判断が必要な石灰化です。これをカテゴリー2(良性)から5(悪性)までに分類するのですが、これは2つの要素を組み合わせる事によって判断します。
1、石灰化一つ一つの形状で分類します。微小円形→淡く不明瞭→多形性(とんがった形)→微細線状・微細分枝状(枝別れのある形状)の順で悪性の比率が高くなります。
2、石灰化の分布です。びまん性・領域性(てんてんとまばらな分布)→集簇性(狭い範囲に集中している)→線状・区域性(細胞の配列沿った分布)の順で悪性の可能性が高くなります。
カテゴリー5と判定された場合は、がんである可能性が非常に高いです。カテゴリー4の場合は、がんの可能性が30〜50%と言われています。カテゴリー3の場合は、良性の可能性が高いですが、5〜10%くらいがんの可能性もあります。カテゴリー3以上は「要精検」となります。
スポンサーリンク

検診で「石灰化、カテゴリー3、要精検」という結果が届いただけで、がんと思い込んで受診される方もいらっしゃいますが、実際はカテゴリー3での「要精検」の場合は良性の可能性が高いですのであまり心配する事はありません。微細石灰化で「要精検」となった場合は、一般的に、まず超音波検査で病変が見えるかを確認します。病変が見えれば細胞診、または組織診を行ないます。MRも診断の補助に使いますので、超音波検査で見られない場合には特に判断のためには効果的です。これらの検査結果を考慮した上で、経過観察にするか、ステレオガイドのマンモトーム生検まで行なうかを判断します。超音波検査やMRで病変が確認できないような乳がんに関しては進行が遅いおとなしいタイプの確率が高いですので経過観察も選択肢になりますが、私としては、万が一に備えて、ステレオガイドのマンモトーム生検をお勧めしたいと思います。早期発見、早期治療の考え方で言うならば、下手に時間を使って、万が一に遭遇する確率もあるからです。
スポンサーリンク