小林麻央 乳がん ステージ 治療法 現在

小林麻央の乳がんのステージは?選択した治療法と現在の容態は?

 

結婚式や披露宴での熱々ぶりが記にも新しい市川海老蔵さんの奥様で以前はニュースキャスターとしても活躍されていた小林麻央さんは、夫である海老蔵さんによる突然の記者会見により進行性の乳がんを発症し現在も治療中というニュースは、非常にショッキングなことでした。

 

では、小林麻央さんがどのようにがんの発見に至ったのかステージはどのくらいなのか、どんな治療法を選択したのかや現在の容態などについて考えてみます。
スポンサーリンク

まず、乳がん発見の経緯はどうだったのかは海老蔵さんの記者会見によって明らかになりました。

 

そもそも記者会見があった2016年の6月9日の前の1年8か月前に、夫婦二人で人間ドッグに行ったことがきっかけにより麻央さんが進行性の乳がんであることが発見されました。

 

その後夫婦で話し合い麻央さんの方は気丈にしていたようですが夫である海老蔵さんのショックは計り知れなかったようです。

 

ステージがどのくらいについては詳しくは発言しなかったものの、かなり重い病状であることは確かなようです。

 

特に、本来で張れば乳房切除をして抗がん剤治療や放射線治療を行うのががんの一般的な治療とされていますが、入院中には手術に至らなかったという発言から考えると乳房切除では取りきれないほどがんがほかの部位に転移している可能性が高いと言えます。

 

がんが転移している場合にはまずその転移した部位のがんを小さくしてから手術を行うとしていますが、あまり抗がん剤の効果が得られずに手術ができなかったとされています。

 

そのため、手術ではなく抗がん剤や放射線治療などの化学療法を選択して治療にあたっているものの、1年8か月の闘病生活を送っているにもかかわらずよくならないというのが現状と言えます。

 

これはつまり、ステージ3以上に進行している可能性が高いこととも言えます。

 

ステージV期というのはしこりが2センチ以下であるもののリンパなどにも発展し癒着を起こしている状態や脇の下の転移はないけれど胸骨の内側が膨らんでいる状態や鎖骨の上下にあるリンパ節にも転移した場合などが考えられます。
スポンサーリンク

同じく乳がんを患って現在も療養中の北斗晶さんの場合には手術を行った後に抗がん剤治療や放射線治療を行っていますが、小林麻央さんの場合手術ができない状態にまで転移していることから考えると北斗晶さんの状態よりもさらに深刻な状態なのではないかと推測できるでしょう。

 

一説では余命3か月とも報道されている麻央さんですが、現在の容態はいったいどうなのでしょうか。

 

海老蔵さんがブログでマスコミに対して怒りを込めた内容のブログをつづっていることからも分かるように、現在も治療を続けていることは推測できるかと思われます。

 

ただ、これまでは都心にある乳がん治療の権威と言われる専門のブレストセンターを設置している病院で最先端の放射線治療を受けながら入院していた麻央さんですが、記者会見が開かれてから1か月後に別の病院に転院しているとされています。

 

転院先の病院も体への負担を最小限に治療を行う低侵襲治療をにおいては日本でトップクラスの病院とされています。

 

実はそれ以前に、乳がんが発覚した当初は日本でも有数の病院に入院していたのですがこの病院での治療における第一選択が外科手術による乳房切除であり、麻央さんが若い身空で乳房を切除してしまうのは抵抗があるという理由から患者の気持ちに寄り添うことを優先して転院を考えることにしたようです。

 

そのため、現在は放射線治療やホルモン治療などを行いながらそもそもの自然治癒力を高めながらの温存治療を行っているようです。

 

夫である海老蔵さんやまだ幼いお子さんの支え、そして一卵性姉妹と言われるほど仲の良い姉である小林麻耶さんの看病によって、家族一丸となって闘病生活を送っている麻央さんですが、一刻も早くテレビで元気な姿を垣間見ることができるようになることを祈るばかりです。
スポンサーリンク