乳がん 告知 治療の選択

乳がんと告知された時に考えなければならない事、治療の選択とは?

スポンサーリンク

乳がんの告知を受けて冷静でいられる方はまずいらしゃいません。
しかしながら、今や乳がんの治療は非常に進歩しています。
そして、乳房の形や機能をできる限り温存した様々な手術の選択ができるようになっています。
大事なのは信頼できる主治医と治療法の選択になります。

 

がんと診断、告知されてから治療法を決めるまでにどんな準備が必要でしょうか?

1、検査・診断ののち、主治医から病名の告知を受けます。

 

2、主治医からインフォームドコンセント
  (十分な説明を受けたうえでの同意)がなされます。

 

3、セカンドオピニオンを希望する場合、
  主治医にセカンドオピニオンを受けたいと伝えます。

 

4、セカンドオピニオンに必要な診療情報(カルテ)
  を提供してもらいます。

 

5、診療情報(カルテ)を持って他の医師の意見を聞きます。
  セカンドオピニオン

 

6、セカンドオピニオン、インフォームドコンセントなどをもとに
  治療医と治療法を選択します。

 

 

多くの方は、乳がんの告知を受けた場合、頭が真っ白になり、そのあとの説明が全く理解できないものです
がん告知とは、医師と患者さんが事実を共有することによって、生涯にわたる信頼関係を築き、最善の治療受けるためにあるのです。
真実を知ることはつらいことかもしれませんが、ぜひあなた自身が病名と病状の説明を受けてください。

 

しっかり説明を受けるために大事な6つのポイント

1、あなたの質問を箇条書きにしてまとめておきましょう。

 

2、一人で不安なときは家族か友人に一緒に行ってもらいましょう。

 

3、説明内容のメモを取るかコピーをもらって、自宅で読み返しましょう。

 

4、新たに分からないことが出てきたときはメモをして、次回の診察時に必ず質問しましょう。

 

5、メールやファックスでも質問ができないか聞いておきましょう。

 

6、説明を理解できないときは、遠慮しないで、もう一度わかりやすく説明してもらいましょう。

 

 

インフォームドコンセントとはどういうものか?

乳がんを告知されたとしてもても、自分の病状の十分な情報が得られなければ誰しも不安なものです。
そのとき大切なのがインフォームドコンセントです。

 

簡潔に言いますと、「十分な説明を受けたうえでの同意」ということです。
治療の前に医師が患者さんに十分な説明をし、同意を求めることです。

 

しかし、実際に大事なことは、患者さん本人がどう考えているかということです。
今は、乳がん治療の進歩に伴い、乳がん治療の選択肢も多くなっています。

 

その上、患者さんの価値観も人それぞれ違うものです。
患者さんは、自分に取って最善の治療法を受けるために、自分自身からも医師に積極的に質問し、治療に何を望むのかを理解してもらいましょう。

 

本当の意味でのインフォームドコンセントは医師と患者さんの互いが情報を提供し、合意に至るという双方向性が望ましいのです。

 

インフォームドコンセントにおいて、医師にどのようなことを知ってもらえば良いのでしょうか?

1、家族の状況について
  小さな子供や介護が必要な家族がいて、家を長く空けられないときは日帰りや一泊手術もあります。
  結婚式など家族の大事なイベントが間近の場合は手術の延期もありえます。

 

2、仕事の状況について 
  すぐに仕事に復帰したい場合は、合併症のリスクのない短期入院が可能な治療法を考えるべきです。
  体力や運動機能を温存したい場合、胸筋の切除やリンパ節の切除は慎重に検討すべきです。

 

3、未婚の方の場合
  未婚の場合はとくに手術後の見た目は気になるものです。
  温存治療も視野に入れるべきでしょう。

 

4、妊娠中の方の場合
  化学療法(抗がん剤治療)は不妊になる確率が70%あります。
  腹直筋皮弁(皮膚移植)による再建後は妊娠が困難になります。
スポンサーリンク

 

セカンドオピニオンとは?

主治医の意見「ファーストオピニオン」に対し、主治医以外の意見を「セカンドオピニオン」といいます。
セカンドオピニオンには次のような利点があります。

 

1、多くの情報が得られる。

 

2、異なる医師の異なった意見が聞ける。
  異なる診療科の異なった治療法を知ることができる。

 

3、主治医の診断・治療方針に誤りがないか確認できる。
  診断・治療について複数の専門医間で検討してもらえる。

 

4、自分に最も合った治療法および治療医を選ぶことができる。

 

5、患者さんにはできない専門的交渉を、セカンドオピニオン先の医師に代行してもらう。

 

6、手術は遠方の名医に執刀してもらい、
  術後の検診や抗がん剤の処方は地元の医師に頼る
  専門性と利便性の分担

 

セカンドオピニオンを希望したい場合、主治医にどのように相談すればよいでしょうか?

現在では、セカンドオピニオンはあなたの当然の権利として定着しています。
医師側の意識も患者さんの当然の権利として浸透していますので、
主治医の機嫌を損ねるなどと心配する必要はありません。
以下のようにお願いして下さい。

 

1、セカンドオピニオンを受けたい場合は協力していただけますか?

 

2、この病院に帰ってきたときは再び受け入れていただけますか?

 

3、病理結果(細胞診や組織診)のコピーと今の説明のコピーをいただけますか?

 

4、治療方針の決定に有用な検査結果やレントゲン写真を貸していただけますか?

 

万が一、あなたの担当医があなたの希望よりも自分のプライドを優先して、
セカンドオピニオンに協力しないならば、あなたの大切な担当医にふさわしくありません。
新たな担当医を捜すべきです。

 

自分自身の幸せを第一に考えて行動して下さい。
担当医はあなたの生涯のパートナーにふさわしい方を選ぶべきです。
スポンサーリンク