乳がん検診 オプション

乳がん検診が安く受けられる方法

スポンサーリンク

最近、テレビや町のポスターなどで、若い芸能人がピンクリボンの活動を知らせ、いろいろなキャンペーンを開くことが多くなってきました。
乳がん体験者による闘病体験の講演会などもよく開かれ、テレビでよく見かける芸能人が乳がん治療をしたということも知ることもよく見かけるようになりました。

 

それだけ乳がんになる人が増えてきているのだし、なるべく早く見つけるために乳がん検診が大切だということがよく分かってきました。

 

会社に勤めている人ならば、会社の健康診断のオプションで女性特有のがん検診として乳がん検診や子宮がん検診は受けられる場合があります。
これだと問診やエコーを使って検診できるし、さらに中高年であればマンモグラフィーを奨励されるかもしれません。
会社でこのようなシステムがあれば無料で乳がん検診を受けることができますが、もしそうではない場合、クリニックで自費となりますが乳がん検診を受けることができます。

 

クリニックにもよりますがだいたい1万円ぐらいから受けることができますし、何か気になるところがありそれを調べるためにエコーやマンモグラフィーを撮影するとなると、健康保険適用で3割負担ですみます。

 

乳房がくぼんでいたり、気になるしこりがあったり、分泌物が出ているならば、なるべく早く専門的な検診をうけておくほうが安心できます。
スポンサーリンク

また、地方自治体によっては年齢によりますが、1コインで検診ができる場合もあります。
自治体から対象年齢の時になるとクーポンが送られてきて、対象のクリニックに予約を入れ1コインでできるので気軽だし、安く受けることができます。
乳がんは他のがんと比べて、自分で発見できることが多いがんです。月に1度自己検診をする習慣をつけている人であれば、ちょっとした違和感にはわりと気づきやすいものです。

 

乳がんは食生活の欧米化や、女性の社会進出によりストレスをいろいろ抱えることにより最近、若い人でも罹患する人の多いがんです。
早く見つければ治療方法もいろいろ選べるし、乳房を残せる可能性も高まります。
乳がんの状態が悪くなればなるほど治療も辛いものになり、治療後の生活のクオリティーも悪くなっていきます。

 

乳房を切った後、抗がん剤治療を受ける場合もあるし、その副作用に苦しめられるかもしれません。

 

欧米人と比べると日本人で乳がん検診を受ける人はまだまだ少ないため、誰でも乳がんになる可能性があることを自覚し、早期発見早期治療で、命を守るべきです。
スポンサーリンク