乳がん検診 費用

意外と知らない乳がん検診の費用について

スポンサーリンク

食生活の欧米化によって、最近若い人でも乳がんになるリスクが高まっています。

 

会社に勤めている女性であれば健康診断と、若いうちは任意で乳がん検診を受ける人もいます。気になるところを問診し、その後エコーで検診というパターンが多く、もう少し年齢が上がった40代後半になるとマンモグラフィーで検診する場合もあります。

 

会社員であれば健康診断でオプションで受けられることが多いので会社負担ですみますが、そうではない人は健康保険を使えば3割負担でできます。
しかし健康診断で検診を受けようと思ったら、何か気になるところがありそれを調べるということだと3割負担ですみますが、単に健康診断となると自費治療となります。

 

問診とエコーとマンモグラフィーで、おおよそ1万円ぐらいの費用で乳がん検診をすることができます。

 

触診では分からない乳がんを発見するためにはマンモグラフィーが最適なのですが、20〜30代の若いうちは乳腺が発達しているために真っ白くうつりあまりよく分かりません。
なのでたとえば生理の後に自己検診をするようにしたり、普段から自分の乳房の状態をよく知っていることが大切です。
スポンサーリンク

乳がんと良性のしこりは見分けがつきにくいですが、普段から自分の乳房を把握していればそのしこりの形や大きさの変化が自分でわかるようになります。
もし気になるしこりがあれば、エコーで状態を調べ、画像にうった形から乳がんあるのかそうではないのか、医師によって判断してもらうことになります。
もし、マンモグラフィーでより分かればレントゲン写真を撮るだろうし、必要に応じて細胞診などの検査に進んでいくことになります。

 

また、自治体によっては年齢ごとに1コインでできる乳がん検診をやっているところもあり、これを利用するのも手です。
いずれにせよ乳がんになる人は年々増えているので、毎年1回、定期的に受けておくほうが安心できます。

 

乳がんは他のがんと比べて、比較的自分でも見つけることができるがんです。

 

自分で1か月に1回ほど自己検診をして、自治体や自分で気に入った乳腺外来で乳がん検診をしていればそうでない人と比べると乳がん発見が手遅れになる可能性が低くなります。
早く見つければ乳房を残せる可能性も高まりますし、手術した後の生活のクオリティーを下げずにすみます。
もしリンパ節に転移などしていると治療も難しくなるし、自分も生活するうえでつらくなってきます。

 

早期発見、早期治療を目指し、積極的に乳がん検診を受けたいものです。
スポンサーリンク