乳がん検診 前日 アルコール

乳がん検診前日のアルコールについて

スポンサーリンク

食生活の欧米化によって、最近若い女性でも乳がんになる人が増えてきています。

 

乳がんは食生活と大きくかかわっているのですが、お酒との関係もかかわってきています。お酒を毎日飲む人とそうではない人と比べると、飲酒の習慣のある人のほうが乳がんになりやすいといわれています。
乳がんとエタノールとの関係がある中で、乳がん検診の前日にアルコールを飲んでしまう習慣があるのは、あまりよいとはいえません。
お酒は少量であれは気持ちを高揚させ、食事もすすむのでいい面はあるのですが、毎日大量に飲むとやはり乳がんになりやすくなるだけではなく、他の病気の要因にもなります。
なので乳がん検診の前にアルコールを飲むのは、あまり得策ではありません。

 

会社員であれば大概、健康診断と合わせて女性特有ののがん検診をオプションで受ける人が一般的です。21時以降は食事や飲酒の禁止をしていることが多いです。
折角時間と取り、体の健康をしっかり調べるためには、ルールにのっとって、正確に検査をしておくことが大切です。
もしなんらかの重篤な病気が隠れているのに、健康診断を受ける上でのルールを守らなかったために正確なデータがでなかったら残念なことです。
スポンサーリンク

女性特有の検査についても、若い人であれば問診、エコー検診を受けるのですが、そんな時に酩酊状態ではあまりよい姿勢で検診を受けているといえません。
乳がんは食生活の欧米化、ストレスとのかかわりもあり、お酒をのんでストレスを解消するというライフスタイルがもしあれば、それも見直しておいたほうがいいです。
適正な標準体重、ストレスのあまりない生活、適度な運動が乳がんにをはじめがんにならない理想的な生活だといわれますが、現代の社会人であればそうそうおくれるものではありません。

 

主婦であっても家事と仕事の両立、専業主婦であっても育児ノイローゼなどいろいろ悩みもあり、ストレスも抱えがちです。

 

ついついそんなうさを晴らすために飲酒すると、一時的に気分は晴れるし、アルコールは依存性もあるのでのんでしまいがちなのですが、そういう暴飲暴食の習慣は後々、跳ね返ってくることになります。
乳房は女性にとってシンボルであるし、乳がんで失うことになったら精神的にもつらいものがあります。
さらに食生活、肥満、飲酒など嗜好との関連も指摘されており、健康診断をきっかけに今一度食生活を見直し、がんにならないようにライフスタイルを改めたいものです。
スポンサーリンク