プラセンタ 乳がん

乳がんとプラセンタ プラセンタニュース特集

スポンサーリンク

プラセンタと乳がんが関係しているのか、気になるひとも多いのですが、アンチエイジング効果を目的として摂取している方が多いこの美容成分。
健康食品などにも使われていますが、女性にとって本当に気になる癌になるのでしょうか。
これからこの成分を使ってみようかなと思っていたひとは、是非参考にしてみてください。
実は、現在では二つの説が流れています。ひとつは癌の治療に効果がある。
もうひとつは、癌の治療の妨げになる。実際のところは、癌治療の方を対象とした臨床実験は行われているのですが、いま現在ではこれといったデータがあるわけではないので、証明するとこは難しいとされています。
プラセンタの研究が日々進むにつれて、乳がんの治療に有効だという案が多く出されています。
実際に治療で使っている病院もあり、メルスモン注射と治療の併用で、現在乳がん、肝がん、すい臓がんの治療に成功しています。女性特有の癌は、エストラジオールという女性ホルモンが増加して発症するケースがあります。
例えば更年期障害の治療として、このエストラジオールを摂取して改善させるという方法はあります。
もちろんプラセンタも、エストラジオールと同じく卵巣刺激ホルモンなど女性ホルモンに影響を与えることがありますが、これはからだが本来持っている調節作用が働くためです。
スポンサーリンク

胎盤から抽出する過程で、すでに女性ホルモンは不活性化されているので、女性ホルモンを含んでいるわけではなく、癌発症へのリスクは今のところ極めて少ないと推測されています。
癌治療以外としても、自律神経を整えるとこでうつ病への改善されています。
では治療中、この成分の含まれたサプリメントや健康食品は摂取して問題ないのか。
現在では、医師は服用することを中止している方が多いです。
とくに女性特有の癌は女性ホルモンに影響されやすいためです。
なかには女性ホルモンをえさとして、増殖する癌細胞があるためです。
そのため、癌に繋がるものは徹底的にたちきりたいのが病院としての考えです。
医療用として使われているものは、女性ホルモンの分泌を調整する成分が含まれているので、医師に相談してみてください。
結果としては、今現在の時点では、どちらが正しいという結果については現在も研究が続けられています。
ただし、女性ホルモンが原因で増殖する癌もあるので、服用は医師と相談をしましょう。
アンチエイジングや自律神経を整える効果は証明されているので、日々の生活に取り入れてみてください。
スポンサーリンク