乳がん 検診 検査項目 内容

乳がん検診の検査項目の内容について

スポンサーリンク

近年、有名人や芸能人ががんに疾患したり、がんで亡くなったというニュースを見聞きすることが増えてきています。
がんの中でも女性にとって関心が高いがんは、乳がんや子宮がんではないでしょうか?
特に乳がんは一部の芸能人が疾患したことを告白したり、色々話題になっています。
乳がん自体は早期発見をして適切な治療を受ければ、生存率も高く、予後の良いがんであると言われています。
また乳がん検診を定期的に受けることにより、早期発見が可能となります。
自治体にもよりますが、乳がん検診を無料で受けることができたり、クーポンを使って安く受けることができるため、お住まいの地域の自治体に確認して、乳がん検診を受けることをおすすめします。
胸という女性にとってデリケートな部分であるため、受診をためらう人もいるかもしれませんが、一番重要なことは早期発見をすることです。
どうしても胸を見せることに抵抗があり、病院に行くことをためらうような場合は、女性の医師や技師がいる病院を調べて受診しましょう。
それでは、乳がん検診ではどのような検査をするのでしょうか?
検査項目の内容としては、マンモグラフィー、超音波、視触診が基本です。
年代によりマンモグラフィーの方が適している、超音波の方がしこりを発見しやすいなど言われることがありますが、基本はこの3つであり、早期発見のためには見落としがないようにこの3つの検査を受けることをおすすめします。
スポンサーリンク

マンモグラフィーはX線を使い乳房を撮影します。
乳房を機械で圧迫しながら、上下、左右の方向から撮影します。
できるだけ乳房の厚みをなくすことで鮮明なレントゲンを撮ることができるため、検査では痛みを伴います。
もちろん痛みには個人差がありますが、生理前で乳腺が張っている時は特に痛みが強くでることがあります。
しかしながら、より正確な検査結果のためにも、きちんと乳房を圧迫して撮影することが大切です。
あまりにも痛い場合は技師の方に相談することができるため、痛いことを怖がらずにきちんと検査を受けましょう。
次に超音波についてですが、ジェルを乳房につけるため、少しひんやりすることはありますが、この検査に痛みは伴いません。
最後に医師による視触診があります。
乳がんはしこりの位置によって手で触って見つけることもできます。
そのため、普段からセルフチェックをして、胸にしこりはないか、ただれや表面上の変化はないかについて定期的に確認することが早期発見に繋がります。
定期的に乳がん検診を受けることに加え、普段からバランスの良い食生活、規則正しい生活習慣、適度な運動を取り入れ、がんを予防する体づくりをしましょう。
スポンサーリンク