乳がん 検診 注意点 受けた後

乳がん検診を受けた後の注意点

スポンサーリンク

乳がん検診には超音波検査、マンモグラフィ検査、問診、触診とあります。
まず行うのは問診と触診、超音波検査で、この時点で腫瘍の有無が確認できます。
さらに詳しく調べるためにマンモグラフィ検査を行うことが多いです。
また、自治体では2年に1回、検診車にてマンモグラフィの検査を行うことができるところがありますが、40歳以上でないと受けれないことが多いです。
40歳に満たない場合で、しこりがあり気になる時はマンモグラフィの検査を行っている病院を受診するようにしましょう。
なお、すでに、乳がんと診断された方や胸にシリコンを入れている方、妊娠中の方はマンモグラフィの検査を行うことはできません。
乳がん検診を受けた後の注意点としては超音波検査の場合、ゼリーを使用するためゼリーがかぶれを起こす可能性があります。
そのため検診を受けた後はしっかりと拭き、できるだけ早くゼリーを取り除くようにしましょう。
また、マンモグラフィ検査は胸を圧縮してX線にて検査を行います。跡が残ることはありませんが、人によっては痛みが数分続くことがあります。痛い時は激しい運動はしないようにします。
乳がんは検診によって判明することが多いです。
スポンサーリンク

自分でも触診を行いしこりの有無を確認できますが、乳腺と間違えることが多く、しこりがあっても放置してしまうこともあります。
そのためしこりがあってもなくても検診は定期的に受けるようにしましょう。
乳がんの場合、急激に大きくなることはないとされていますが、まれに数か月で大きくなってしまうタイプの物もあります。
また、乳がん検診はできるだけ同じ病院で受けると良いでしょう。マンモグラフィの結果や超音波の結果が残っているため、前回と比較しやすく、病変を早く見つけることができます。
この他の注意点としては乳がん検診で異常がない場合でも、生理周期を見ながら自己チェックを怠らないようにすることがあげられます。
超音波検査の場合、医師の経験が大切で、見落としてしまうこともあります。
また、マンモグラフィ検査に関しては乳腺が発達している場合、しこりが映りにくく、判明しにくいことがあります。
がんを早期に見つけるためにもお風呂の時間を利用してチェックをするようにします。
乳がんと判断された場合は慌てず、病院探しをするようにしましょう。産婦人科医に相談すると大きな病院を紹介してくれることがあります。
乳がんは早期であれば、乳房を切除することなく治療を行うことができます。
スポンサーリンク