乳がん 検診 結果

スポンサーリンク

乳がん検診は40歳以上の女性が多く受ける検診です。
近年乳がんにり患する方が増えており、検診も注目されています。
乳がんの検診には触診、超音波エコー検査、マンモグラフィ検査の3種類があります。
触診は胸をまんべんなく触ることでしこりの有無を確認することができます。
超音波に関しては乳房に超音波を当て、しこりがあるか、しこりがある場合はその大きさと内部の様子を確認することができます。
放射線は利用しないため被爆の心配もなく、繰り返し検査を行うことができるのが特徴です。
乳腺が発達している40歳以下の方に有効で、妊娠している場合にも受けることができます。
乳がんだけでなく乳腺症や水がたまるのう胞の有無も確認することができます。
マンモグラフィは板によって乳房を圧迫し、平らにしてからX線を用いて中の様子を確認する検査です。
上下左右と様々な方向から撮影することができ、乳房の中を鮮明に確認することができます。
平らにする理由としてはX線の被ばくを抑えること、乳房内を鮮明に映し出すことがあげられます。
スポンサーリンク

また、乳腺が発達している場合はすべて白く映ってしまうためしこりが確認できないことがあり、40歳以上の方が受ける対象となっています。
ですが、触診でもわからない、ほんの小さながんも見つけることができます。
また、石灰化してしまったものなども確認することができます。
乳がん検診の結果でわかることは、しこりがある場合は良性のものか悪性のものか判断をすることができます。疑わしい場合も明らかにがんとわかる場合も、その後再び針生検など病理診断を行い、成分を調べ、がんかどうかを確認します。
乳がんは若い人でもなる可能性があるがんです。
自分でもチェックすることができますが、40歳よりも若い場合や授乳中、妊娠中の場合は超音波検査の方が良いでしょう。
超音波検査を行うと乳腺の発達具合も確認することができます。
またマンモグラフィ検査は2年に1回行うことが基本です。
この場合、同じ病院で検査を行う方がしこりに変化があった時にすぐに対処してもらうことができます。
乳がんと診断されると、改めて病理検査や全身に転移していないかなどの検査が行われます。しこりの大きさによって抗がん剤をしようした化学療法を行うか手術を行うかが決められます。
手術や化学療法までの時間は意外に少ないため、慌てないためにも日ごろから乳がんに関しての知識を深めておくと良いでしょう。
スポンサーリンク