禁煙 喫煙 リスク 1.4倍

禁煙のススメ!乳がんと喫煙の関係について

スポンサーリンク

喫煙については、もちろん健康に良いというイメージを持っている人はいないでしょうが、リスクといえば肺がんくらいしか思い浮かばない人も多いはずです。
それもそのはずで、たとえば乳がんのリスクに対する影響も、決定的な調査結果がないために評価が分かれていました。
しかし最近になって喫煙をすることによる乳がんに対する影響について、厚生労働省研究班による大規模な調査結果が公表されてそのリスクがはっきりと明らかになっています。
この調査では、もちろん日本人を対象にしており、住んでいる場所も岩手、秋田、長野、沖縄という北から南までバランスよく選ばれた4県で行われているもので、とてもフェアな調査だといえます。
それに調査対象となっている人も、1990年に行われた生活習慣にかんするアンケートに答えていた40〜59歳の女性22000人をその後にわたって追跡調査をしたもので、かなり大規模な調査となっています。
そこからわかってきたのは、結果22000人のうち180人が乳がんにかかり、喫煙 リスク 1.4倍というものでした。
そもそも乳がんは今や日本人女性の12人に1人はかかるといわれているがんですから、これが禁煙によってさらにリスクが高められてしまうことが浮き彫りとなっています。
スポンサーリンク

もちろん自身が喫煙をする習慣がある人はもちろんのこと、この調査ではたばこを吸う人と10年以上にわたり同居していたり、職場などで1日のうち1時間以上はたばこの煙を吸う環境下にあったという人に関しても、これまでの予想以上に大きい影響があることが分かっています。
また、乳がんにいちどかかり、手術を受けた後の二次がんリスクについても気になるデータがありあす。
こちらはアメリカでの研究ですが、放射線治療を受けたあとに二次がんとしてかかりやすいものに肺がんがあり、患者さんが喫煙者の場合はもちろん二次がんを発生しやすいというものです。
ですから、そもそも乳がんにかからないようにするためというのはもちろんのこと、ひとたび乳がんという診断を受けた人についても、禁煙をすることが強く求められるといえます。最近では、禁煙グッズや禁煙外来なども一般的な存在となってきています。
そしてもっと言えば、受動喫煙の影響を受ける環境で暮らしていることもリスクを高める要因になることは明らかなので、自分自身のみならず、回りにいる人についても禁煙をすすめることが好ましいともいえるでしょう。
スポンサーリンク