乳がん検診 30代

30代からの乳がん検診

スポンサーリンク

30代というと若さがみなぎっています。
独身であれば、キャリアウーマンとして働き仕事に生きがいを持っている人も大勢います。
また、既婚者であれば優しい配偶者と可愛い子供たちに恵まれて毎日が忙しく働いているに違いありません。
さらには、結婚したばかりの人やこれから結婚を控えている人もいることでしょう。
しかし、毎日当たり前のように生活していることがある日突然、崩れてしまうということがあります。

 

いったい何でしょうか?

 

それは、乳がんにかかってしまうという場合があるからです。
乳がんは健康に気を付けている人や、定期的に運動をして身体を動かしている人、食事にとても気を使っている人など関係なくかかってしまう病気です。
新聞やテレビさらには週刊誌などで、乳がんにかかっていることを告白した芸能人がとても大勢います。
それほど乳がんというのは女性に多くかかる病です。
しかも、若ければ若いほど、がんの進行はとても早いですので、乳がんに気づいたときにはすでに手遅れになってしまっていた。
という場合も少なくありません。
もちろん、適切な治療を施すなら、ある程度は治る見込みがあります。
スポンサーリンク

しかし、手遅れですとすでに乳がん以外にもほかの部分に転移してしまい、手の施しようがないということも生じます。
乳がんと宣告されると同時に余命数カ月と宣告された人も大勢いるのが悲しい現実です。
愛する友人や家族を残して亡くなっていくのは何と無念なことでしょう。

 

では、このようなつらい状況を避けることはできないのでしょうか?

 

いいえ、回避できます。それは、乳がん検診を定期的に受けることです。
乳がん検診は、市や町から通知があり受診することができますし、通知が来なくても乳がん検診を行っている病院やクリニックなどで受診してみると良いでしょう。
乳がん検診は痛みが伴うのではないか?と心配する女性が多くいます。
もちろん、まったく痛みを伴わないわけではありませんが乳がん治療の痛みに比べれば我慢できない痛みではありません。
ぜひ、早めに受診しましょう。乳がん検診は、一度受診すればずっと大丈夫。というわけではありませんので、以前受診したことがある人でも一年に一度の割合で受診することがすすめられていますので、ぜひ定期的に受診することをお勧めします。
自分の健康を守るためだけではなく、愛する友人や家族のためにも身体を過信するのではなく、今ある命と生活を大切にしましょう。
スポンサーリンク