乳がん 治療費

乳がんの治療費はどれくらい?

スポンサーリンク

健康に生活できているときは、その生活が当たり前とみなします。
しかし、自分や家族が病気になると健康がいかに大切であったかを実感するものです。
自分が病気になってしまったために、家族は看病をしなければいけませんし、主婦であれば家族や子供の世話ができないために、誰かに世話を頼まなければいけないという事態も生じることでしょう。

 

病気になると、自分や家族との生活が一変するだけではなく病気を治すために治療費が必要となります。
では、病気になるとどれくらいの治療費が必要となるのでしょうか?
それは、病気によって異なります。

 

例えば女性が最もかかりやすい病気である乳がんの場合ですと、温存手術と1週間の入院費で70万円ほど必要と言われています。
さらに、再発を防ぐための抗がん剤治療は一年で100万円ほどが必要となります。
さらには、放射線治療は一年で30万円ほどかかります。
もちろん、乳がんの程度や症状さらには、その人がどこまで治療を希望するのかによって異なります。
スポンサーリンク

本人や家族の希望によりがん自体を切除したい時には、切除手術費用が必要になりますし、薬物によって治療をおこないたい時には薬物療法費用が必要です。
加えて再発を予防するためには再発予防ホルモン療法が必要です。
これに加えて、入院費がいります。

 

保険の種類や自己負担額などにもよっても異なりますが、いずれにしても、乳がんにかかると莫大な治療費が必要になるということに変わりはありません。
仕事を持っている女性であれば当然仕事を休んで治療を行わなければいけませんのでとてもつらい状況になります。
では、こういった事態に備えてどんなことができるでしょうか?
それは、定期的に乳がん検診を受診する、ということです。

 

検診は、市や町で行われる場合がありますし、会社で受診するように言われる場合があります。
さらには、市や町そして会社から言われる前に、自分できちんと検診を受けることもできます。
自分の身体を守るのは自分です。

 

そして、乳がんにかかってしまった時のために、あらかじめきちんとした生命保険に加入しておくことも大切です。
現時点で生命保険に加入している人も、もう一度保障内容をよく確認して、自分が病気になった時にどれだけ保険料が降りるのかを確認しておきましょう。
病気になった時に、安心して治療が受けられないと、治療に専念できず回復が遅くなる場合があります。ぜひ、健康なうちにいろんな備えをしておきましょう。
スポンサーリンク