乳がん,保険

身近な病気になりつつある乳がん

スポンサーリンク

食生活の欧米化により、乳がんになる女性が増えています。
およそ、12人に一人の女性が乳がんに罹患する時代です。
乳がんの罹患率は40歳代から増え始め、40歳代後半に急激に増加して60歳代前半ごろまで高い状態にあります。

 

40歳になると、自治体で無料券や割引券を配布される場合が多いです。
積極的に検診を受け、早期発見に努めることが大切です。
マンモグラフィーと超音波検査では見つけやすいがんの種類や場所が違いますので両方とも受けたほうが良いでしょう。

 

がんに罹患すると、長期的な治療が必要になるケースが多いです。
乳がんをカバーする保険には主に医療、がん保険があります。
しっかりした補償を備えるには最近のがん治療を知っておくと良いでしょう。

 

最近のがん治療は入院治療より通院治療に重きを置いています。
最近は抗がん剤が進歩してきており、かつてのような重篤な副作用の心配のない種類もあるからです。
通院で抗がん剤の点滴のみを受けて自宅で療養というケースがとても多いです。
スポンサーリンク

手術が必要になり入院をした際も、患者のQOLに配慮し短期間で退院となるケースもあります。
かつてのような、入院治療に重きを置いた補償だと対応しきれないこともあります。
基本的に医療保険は入院した後の通院でないと、補償を受けられないケースが多いです。
どのような場合にお金が下りるのか、補償の見直しを行う場合はよくチェックをしましょう。

 

検討したいのががんと診断されると一時金が下りるタイプの特約です。
がんは初期治療で叩くことが大切です。
一時金を受け取ることで安心して治療に専念する事が出来ます。
一時金額設定も様々ありますから、高額医療制度などと照らし合わせ予算を決めると良いでしょう。
また、がんと診断を受けた一回目しか一時金を受け取れないタイプのものと、一定期間を経て再発した場合は再度受け取れるタイプのものがありますから加入時は確認するようにしましょう。
高度な医療を受けた際に補償を得られる特約も、がん治療の際に活かせるケースもあるので検討すると良いです。
また、女性疾病に関する特約のあるものは、女性特有の疾病は二倍の補償を受けられるものもありますのでチェックしてみましょう。

 

がん保険の特徴は、がんに特化していることです。
がん以外の病気は補償の範囲に含まれません。
ただし、がんにたいする補償は充実しています。
乳がんの治療は長期化するケースも多く、がんに特化した補償は好ましいです。
入院の補償日数が無制限ですから、どれだけ入院しても安心です。
通院のみでもお金の下りるものや、抗がん剤治療を受けるとお金が下りるものもあります。
スポンサーリンク