乳がん検診 エコー 嚢胞

乳がん検診のエコーで嚢胞が見つかりました。

スポンサーリンク

健康診断の乳腺超音波の検査で嚢胞(のうほう)の疑いありと言われる場合があります。嚢胞とはなんでしょうか?
嚢胞が診られた場合、年1回の定期的な検診を受けるように言われますが、どうしてなんでしょうか?
嚢胞が診られた場合でも自覚症状がないのも特徴です。

 

嚢胞とはなんでしょうか?
嚢胞(のうほう)は主に30〜50歳代の方に多く見受けられる症状です。50代なら3人に1人はいるだろうと言われています。嚢胞(のうほう)は乳腺が詰まることによって、分泌物が溜まってしまう事が原因でなります。
形は液体が充満した袋状のもので、液体のため柔らかいので、触っても大きくならないと分からない事のほうが多いです。大きさは、10cmくらいまでなるものもあれば、数ミリていどのものまで様々です。
触診でわかる嚢胞は肉眼的嚢胞と言われ、球状のよく動くしこりです。球状と言っても軟らかいことが多く、乳がんと違ってツルリッとした感じになります。
スポンサーリンク

また、片側の乳房にできる場合や、両方の乳房にできる場合、いくつもできたりと状態や数も様々です。
乳腺症の方の場合は乳腺が詰まりやすくなっているので、嚢胞ができやすい状態になっています。診断は超音波検査(エコー)で簡単にできるのですが、大きさが数ミリ程度の小さなものや、形が球状ではなくデコボコと凹凸があるものは、乳がんとの区別が難しい場合もあります。
このような場合は、超音波で観察しながら針で刺してがんと区別をしていきます。小さい嚢胞(のうほう)は自然消滅することが多いようです。大きなものは針を刺してつぶしてしまいます。このまま嚢胞(のうほう)が消えれば処置はおしまいです。後は、経過を診ながらの生活になりますが、年1回の検診で済む場合が多いようです。
ただし、嚢胞(のうほう)から出てきた分泌物に血液が付着していた場合や、針を刺しても何も出てこない場合、分泌物を出してもその後、何度も溜まってしまう場合は、3カ月に1回は検診を受ける事をお勧めします。理由としては、嚢胞(のうほう)の中に乳管内乳頭腫やがんが隠れている可能性があるからです。
スポンサーリンク