乳がん検診 石灰化 治療

乳がん検診で石灰化が見つかりました、治療は?

スポンサーリンク

乳がんと石灰化の関係について
石灰化とは、カルシウムの沈着を意味する事で、身体中どこにでも起こるものです。乳腺では、色々な原因で石灰化が起こるのですが、検査結果が乳がんである場合はその1%以下と言う事です。
乳腺にできる石灰化は、様々な原因があり、99%以上ががんとは無関係の良性の物である場合がほとんどです。がんの疑いが強い場合は、より精密なマンモトーム生険を行いますが、マンモトーム生険の検査対象となる石灰化を持つ人は、全体からみるとかなり少ない人に限られます。
※マンモトーム生険とは、検診などのマンモグラフィーで指摘された石灰化を、検査対象者の身体への負担を最小限にして確実に診断する唯一の検査方法です。検査対象によりマンモグラフィーガイド(ステレオガイド)のものと超音波ガイドの2種類があります。
スポンサーリンク

1、マンモグラフィーガイドとは、マンモグラフィーでしか不明である石灰化を対象にした検査方
2、超音波ガイドとは超音波で見える腫瘤や腫瘤非形成性病変などを対象にした検査方
乳がん検診で石灰化が見つかりました、治療は?
乳がんの石灰化の治療ですが、良性と診断された場合は定期検査を受けるだけで、特別な治療はしないようです。乳がんであった場合は、その症状に応じて対処します。
石灰化の中にがん細胞が乳管内に発生して増殖する過程に生じる石灰化であります。がんが原因で起こる石灰化の代表的なものですが、乳管内にがん細胞が増殖し乳管内を充満する中で、あまりに密集するため中心部分が栄養補給できずに壊死して、壊死したがん細胞にカルシウムが沈着して生じるもので、このようにして出来る石灰化の場合、がんの確率が高くなります。
スポンサーリンク