乳がん 痛み 生理前

生理前の胸の痛みは乳がんの可能性があるの?

スポンサーリンク

女性であれば、生理前の胸の張りや痛みはやはり気になるものです。必ずしも生理前だから胸が張るとは言い切れませんが、胸の張りが生理周期に伴うモノであれば病気を疑って、不安になる必要はありません。逆に日常生活に支障をきたすほど強い痛みであったり、生理が終わっても痛みが続いたりする場合には病気を疑った方が良い場合があります。女性の胸の張りや痛みは、日常的に起こり得る事です。そのため、潜んでいる疾患には気付きにくいという事があります。女性の身体はエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン) という2つの女性ホルモンの働きによって影響をうけています。これら2つのホルモンは、一定の周期でそれぞれの分泌量のバランスを変えながら、女性の身体と心に作用しています。生理前になると、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が盛んになって乳房の乳腺組織が増加し、血管が膨張したりするので、内側から圧迫された乳房に張りや痛みを感じるようになるのです。そのため生理がくれば、黄体ホルモンの分泌が減るので胸の張りや痛みは収まっていきます。
スポンサーリンク

ですので、一般的には、生理前の胸の痛みは乳がんの可能性はないと言っても良いでしょう。生理前の胸の張りは誰にでもあることだと分かりましたが、生理がきた後も胸の痛みが続いている場合は乳腺症の疑いがあります。乳腺症の症状には、胸の張りや痛みの他に、しこりが出来ると言うのがあります。しこり自体は良性の疾患ですが、生理前に大きく、生理後に小さくなるという特徴がありま。胸に大小様々なしこりがある、胸に痛みを感じる、乳頭から分泌物が出ると言った場合は乳腺症の可能性があります。しこりがある場合、乳腺症や乳腺線維線種であれば良性なので、そう心配する必要はありませんが、乳がんの場合はそうは行きません。乳がんのしこりも痛みが無く、押しても動かないという特徴を持っています。乳がんが進行してしまうと、乳房にへこみやひきつった感じの違和感がありますし、、乳首から出血する事もあります。しかし、早期発見できれば回復出来る病気ですので、自己検診をしっかりして防ぐ事が大事です。痛みがないのが乳がんの特徴ですが、稀に痛みがある人もいますので、何か異変があれば、病院、診療所で検査を受けましょう。
スポンサーリンク