乳がん ストレス 原因

ストレスも乳がんの原因になるの

スポンサーリンク

欧米では、ピンクリボンデ―などの普及活動により、減少傾向にある乳がんですが、近年、日本人女性の間では増加傾向にあります。乳ガンの原因はストレスとコレステロールの摂取過剰にあると言う説まで出ているくらいです。乳がんは、最近の研究によってエストロゲンの過剰な分泌が関係している事が分っています。このエストロゲンの分泌を誘発するのが、ストレスや不規則な睡眠、脂質を多く摂る、コレステロールの摂取過剰などの偏った食事にも原因があるのと言われています。女性は男性よりもストレスにより、ホルモンバランスが乱れやすいと言われています。ストレスにより身体が受ける影響も大きいと言う訳です。このような原因により、乳がんは特にストレスの影響を受けやすいと言われています。非常に興味深い統計があります。それは、乳がんの発生率が高い職業は、教師やOL、経営者と言うものです。これらの職業の特徴は、男性優位でなく、女性でも第一線で働ける職業でもあります。しかし、寝食を忘れて仕事をしなければならなかったり、対人関係や競争の中でのストレスに曝される事はあります。
スポンサーリンク

食事が健康面で大きな影響力がある事は皆さんご存知だと思いますが、ストレスによって食事も少なからず影響を受ける事も理解する必要があります。ストレスがたまると、暴飲暴食、不規則な時間の飲食、偏食などになりやすくなります。乳がんの原因の一つとしてコレステロールの摂取過剰を上げる説もあります。食事の欧米化によって、パン食や肉類を食べる機会が増え、コレステロールを過剰に摂取することによって乳がんになるリスクがが高まってきているとも言われています。ある調査では、乳がんを発症した女性の食生活は、ご飯食が少ないという結果が出ています。パン、お菓子類が多く、油や砂糖などでカロリーを摂取している場合が多いようです。こういった食生活が乳がんの原因の一つになっている可能性も大いにあります。ストレスをためて、コレステロールの多い食事を過剰に摂取してしまう事を避け、日々穏やかに過ごす工夫をすることが大事です。食事も楽しい雰囲気で食べれるように前向きに考えながら過ごして行きましょう。
スポンサーリンク