男性 乳がん 症状

男性乳がんの症状と原因

スポンサーリンク

乳がんと言えば女性の病気であるイメージがありますが、稀にではありますが、男性も乳がんを発症する場合もあるのです。男性の乳がんは女性を含めた乳がん全体の約1%とそんなに多い発症率ではありませんが、女性の乳がんと全く同じ症状、予後になります。男性故に発見が遅れるケースが多いようですので、男性でも乳がんについての知識をしっかり身につけて対応する事が望まれます。男性の乳がんは小さなしこりで気付くことが多いようです。男性乳がんのしこりにはコリコリと硬く移動しにくいと言う特徴があります。それに、男性の場合、女性のような乳房がないので、自己診断さえすれば、発見しやすいはずです。方法としては、仰向けに寝て触ってみたらすぐにわかるはずです。しかし、しこりだけでなく乳管の中の方で広がっていくものもあるので、乳房の表面がへこんでいたり、乳頭から血液混じりの分泌液があった時はは、悪性の乳がんの可能性が高いのですぐに医療機関において診てもるべけです。男性の乳がんの原因として考えられるのは、放射線による影響です。
スポンサーリンク

しかし、放射線などを扱う、特殊な職業でない限り許容範囲以上の放射線を浴びる機会もありませんので、一般の人は考えなくて大丈夫です。それ以外では、肝臓機能の疾患などで、体内のエストロゲン量が増えた場合や遺伝的に乳がんの発生率の高い家系の場合は要注意と言えます。乳がんでは全体の5〜10%と高い確率で遺伝的要因があるとされています。男性の乳がんの治療にとって一番重要なのは、先ず、早期発見することです。遺伝的要素で発生するがんに関しては、なかなか難しい部分がありますが、それでもがんの進行を止めることはできます。がんの進行具合によって治療内容が変わりますし、予後にも大きく影響します。生活習慣、特に食生活を見直す事は、生活習慣病のみならず、がんに予防にも大きく影響します。男性は女性に比べ乳がんに対する知識が圧倒的に不足しています。インターネットで検索するだけでも有益な情報が得られますので、少しでも勉強する事をお勧めします。
スポンサーリンク