乳がん 症状 治療 検査

乳がんの症状と治療、検査について

 

スポンサーリンク

日本において、乳がんにかかる人の数は年々増加しており,特に40歳代になってからは、乳がんにかかる危険性が高くなります。そのため40歳を過ぎたら自覚症状がない女性でも、2年に1回は乳がん検診を受けることが推奨されていますが、最近は一年に1回は受けている芸能人が発症したりしている事例が有り見直しも検討する必要があるようです。遺伝に乳がん家系の女性の場合は、40歳未満から検診を受けることが勧められています。自覚症状がある女性は年齢に関係なく、病院や診療所などの医療機関を受診することをお勧めします。自覚症状として一番多いのは、乳房のしこり、次に乳頭からの分泌液、乳房の痛み、などです。月1回の自己検診でこれらの異常がないかを調べてみるやり方もやっていただければ良いでしょう。自覚症状がある場合は、早急に医療機関での検査をするべきです。乳がん検診では、乳房撮影(マンモグラフィ)と乳房視触診の二つの結果を考慮して、医師が乳がんの疑いがあると判断した場合には医療機関にて精密検査をする事になります。医療機関では乳がん専門医によって診断が進められます。診断のためには、触診、視診などの診察、乳房撮影(マンモグラフィ)と乳房超音波検査などが行われます。その他の画像検査として乳房MRIが行われる場合もあります。確かな診断確定のためには、細胞診、組織診をする事が必要不可欠です。自覚症状がない場合や、検診で異常がないと診断された場合でも,定期的に自己検診を行い,少しでも疑いがあれば、医療機関を受診することが大事です。
スポンサーリンク

医療機関において乳がんであることが確定した場合には、治療方法を決めるために広がり診断、予後因子や予測因子の診断などを行います。「広がり診断」とは,乳房温存手術を行う場合に乳房の中のがんの範囲をしっかり確認して、乳腺を過不足なく、切除するために行うものです。「予後因子および予測因子の診断」とは,乳がんの性質を検査するものです。これは手術で切除した乳がん組織を用いて検査する場合もあります。また,治療方法を決定するためには、患者さん自身の希望も十分配慮されるべきです。担当医としっかりコミュニケーションをとりながら治療方針を決めて行きましょう。
乳がんは乳管(小葉上皮)から発生します。乳がんのシコリは硬く、表面がでこぼこしており、周辺組織との境が分かりやすいもの(非浸潤ガン)と分かりにくいもの(浸潤ガン)があります。
乳がんの種類は二つに区分されます。
1、非浸潤(ひしんじゅん)がんは乳がん全体の5〜10%を占めるます。乳頭からの分泌物があったり、マンモグラフィで発見されることが多い。乳管上皮に発生したがん細胞が基底膜を破壊・浸潤せず、上皮内に留まっている状態のがん。リンパ節転移や遠隔転移を起こすことはなく、完全に切除すれば完治するものです。
2、浸潤(しんじゅん)がんは、基底膜を破り、浸潤した状態の癌の事です。リンパ節転移などの転移を起こす。シコリとして発見されることが多い。
スポンサーリンク

 

女性ならではの悩みに、イビサクリーム.net